2008年8月 4日 (月)

お父さんと一緒に四国遍路

涼しげな眼をしたその人は、明るく、冗談を言ってはよく笑う人だった。

そんな彼女にふさわしく、年若くして素晴らしい伴侶と出会い、可愛い子供たちも授かって、先を歩いていく彼女を眩しく思っていたものだった。

ある日突然、最愛のご主人がこの世を去って彼女の生活は一遍する。

幼い子を抱え、彼女が歩き始めると決めた道のりは余りに険しくて、不甲斐ない私は、友として、彼女の苦しみを受け止めてあげることも出来ず、何を語りかけたらいいのか、どうすべきなのか全くわからないのだった。

彼女が気丈に振舞っているのを、ただおろおろしながら傍観しているだけだった。

妻として、母としての例えようのない悲しみや苦しみ、そして憎しみ・・・私はそれをどれ位理解できたのだろうか。

少しでも分かち合おうとしただろうか。

否、否。

結局、私に出来ることはただ一つ、祈ることだけだった。ご主人に、そして神様に。

お父さんと一緒に四国遍路  安田あつ子  文芸社 手記

交通事故で亡くなったご主人を想い、作者は二人の子供と四国巡礼の旅に出る。それは、険しい道のりだけれども、同行二人、最愛の夫との道行きであった・・・。

日程表や地図、持ち物なども網羅され、一緒に巡礼をしているような気持ちで読み進んだ。

5歳と10歳の子を連れ短い旅をするだけでも大変なのに、大きな荷物を背負い、何度も四国に足を運んで、お偏路を結願させている。やむにやまれぬ思いがあったとはいえ、経済的にも、肉体的にも厳しい旅の中で彼女はどんなことを感じ、一歩一歩歩いていったのだろう。包み隠さず書かれている心の内が切なく、苦しみが伝わってくる。彼女が事故以来七転八倒してきたものは、相手への憎しみだったのではない、他ならない自分自身への怒りだったのではないだろうか。他者には理解不能でそれがさらに彼女の苦しみに追い討ちをかけたのだろう。

「必然の旅だった」と本にも書かれているが、そんな彼女を救い出すための、ご主人からの贈り物の旅なのだと深く感じた。お遍路の最初に本当にあどけない顔をしていた子供たちが写真ごとに成長していくさまも胸を打つ。彼女にとって、なんと心強い相棒達だったことだろう。旅を続けていく中で、彼女が少しずつ自分をゆるしていき、周囲の人々に心からの感謝で満たされていく様子に感動した。

そして、私も実感した。彼女は決して変わってなんかいなかった。ずっと昔のままのあの人だったと。

お父さんと一緒に四国遍路 Book お父さんと一緒に四国遍路

著者:安田 あつ子
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

私の夫はマサイ戦士

日経新聞夕刊の長谷川櫂さんによる「プロムナード」を興味深く読んだ。

イタリア料理のプッタネスカというのは「娼婦風」という意味の、常備野菜などで手軽に作れる料理で、日本でいうなら「おふくろの味」とでも言えるものなのだそうだ。なつかしく、つい食べたくなる料理。

加えて言うなら、世界を探してみても事あるごとに恋しく思う料理に、「愛妻の味」とか「愛妻風」というものはないのだと。

それでは妻の立場が全く無いではないか。

ここはおちついて、オトコのタチバに立って考えてみる。

妻や子供の前ではやはりプライドがある。そうそう甘えてはいられない、それに食事の文句なんて言ったら、妻が機嫌を損ねて美味しく食べられないじゃないか。

その点、母ならば我儘はゆるされるし甘えも出来る。

客の立場ならなお更強い。よくわからないけど、妻に見せない顔も見せられるのだろう。

そう考えると妻ってなんだかつまらない。

つまらないから、つま、っていうのかしらん。

私の夫はマサイ戦士   永松真紀  新潮社  手記

  ★★★★☆

筆者はナイロビに在住する日本人向けの添乗員で、マサイ戦士の夫が住むケニア西部のエナイボルクルム村とを行き来しながら生活している。

ケニア人からも差別をもって見られるマサイ族の男性の元に、それも第二婦人として嫁いだ彼女の生活はいかなるものか。

マサイ族といえば、電気ガス水道などのライフラインはもちろんなく、家も自然界の材料で妻が作る。牛を飼い、時には狩をする生活、そんな印象しかなかった。

しかしこの本を読んでみて、マサイ族が極めて民主的で合理的な考え方をし、実行している人たちなのだと知った。変化を受け止め、譲歩できるところは譲る。ある意味では文化的生活を送っている都会の人たちより、ずっと文化的なのだ。

永松さんの行動力もバツグンなのだけれど、彼女をとりまく人たちも面白い。

世界は広く、知らないことがまだまだ本当に多いのだと実感した一冊。

私の夫はマサイ戦士 Book 私の夫はマサイ戦士

著者:永松 真紀
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

みじかい命を抱きしめて

家族で外食に出かける。

我が家としては、ちょっと奮発した気取ったお店である。

子供たちもほんの少し緊張気味で行儀が良い。

ワインも手伝ってか上機嫌で食事をしていると突然、「不公平だ」という声がした。

近くの席の、品の良い老夫婦のご主人の声だった。

話の内容が聞こえるほど近くはなかったし、機嫌が悪いようでもなかったので深くは気に留めなかったけれども、その後、「不公平だ」という言葉だけが何度も聞こえてきた。

けれども、そのご夫婦は終始楽しそうに食事をして、そろって幸せそうに席を立っていかれた。

みじかい命を抱きしめて  ロリー・ヘギ  フジテレビ出版  手記

アシュリー         アシュリー・ヘギ フジテレビ出版  手記

  ★★★★★

荒れた生活の中、17歳で出産した娘は2歳ほどで遺伝子の病気の一種、通常の10倍ほどの速さで老化していくプロジェリアと診断される。若すぎる母は自暴自棄に生きながらも決して娘を捨てようとはしなかった。経済的にも、精神的にも、そして娘の病状にも苦しみもがくロリー。そんな彼女の人生を救ったのは、やはりアシュリーなのだと強く思った。

12歳のアシュリーが「生まれ変わっても、もう一回私を選ぶ」と答えたくだりには思わず涙がこぼれた。

14歳のアシュリーのシンプルで感謝に満ち溢れた言葉は、それだけで生きている意味、愛の意味を語っている。私達の日々の生活の中には既に与えられているもの、感謝すべきことが沢山あるのにそれに気づかないでいることを、この少女に教えられた。

みじかい命を抱きしめて Book みじかい命を抱きしめて

著者:ロリー・へギ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アシュリー ~All About Ashley~ Book アシュリー ~All About Ashley~

著者:アシュリー・ヘギ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)