« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月14日 (月)

涼宮ハルヒの憂鬱

夕暮れの街角を二台の自転車が行く。

ゆっくりと楽しそうに。

二人はしっかりと手をつないで、前へと進む。

女の子はいい笑顔を恐らくは彼であろう男性の方へ向ける。

ずっとそんな暖かい気持ちでお互いを思いやってね、と誰にも聞かれないようにつぶやいてみる。

涼宮ハルヒの憂鬱     谷川流  角川スニーカー文庫

  ★☆☆☆☆

高校の第一日目の自己紹介で涼宮(すずみや)ハルヒは言い放つ。普通の人間には興味がないと。事件を求めて彼女はSOS団を創設した。

中盤でハルヒの正体がわかるまでが非常に退屈で、もう少しで読むのをやめるところだった。そこからは登場する人間がすべてありえない設定で、男性の願望そのもののラストといい、いかにもアキバ。アニメ化もされているが、なぜ人気があるのか私には理解不可能だったが、むすこは面白いといって一気読みしていた。内容はともかくとして、お子さんに読書の習慣をつけたい親御さんにお勧めかも?!

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫) Book 涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

著者:谷川 流,いとう のいぢ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

見仏記 海外篇

空気が張り詰めたように透明になってくるこの季節は、夏よりなんだが眩しい。

光自体はそれほど強くないのに太陽の位置が低く感じられるのだ。

私を取り巻くもの全てがオレンジ色の日差しに照らされ、輝いている。

その一つ一つの輝きに思わず感謝する。

見仏記 海外篇     いとうせいこう・みうらじゅん  角川書店

  ★★★★☆

韓国、タイ、中国、インドへ仏像を見るための旅の日記。いとう氏が文章を、みうら氏がイラストを担当している。楽しくライトにそして真面目に仏像を見るための珍道中。二人の思い込みたっぷりのこの本は、それでも色々考えさせられた。私もそうだけれど、日本人にはこういうタイプの人間が一番多いのではなかろうか。サムシンググレートへの畏敬は心の底にあるけれど、それを大げさに振りかざすのに危うさも感じているのだ。

海を渡ると仏像はカラーが一般的らしい。韓国はなで肩で黄色が効いていて、中国のものは緑と青が目立つそうだ。インドは大理石のものがあり、ヒンズーには仏像の源があるという。

涅槃の像を見に行く10時間近い過酷な道のりで、いとう氏が猛烈な自己反省と感謝にかられているくだりがあるが、出産の時同様の気持ちを抱いたことをふと思い出した。

韓国のいくつかの仏像が豊臣秀吉の軍によって壊されたままになっているという。信仰の対象を壊してしまうという暴挙、そしてそれを忘れないよう500年以上も保存しているという憎しみの形に、信仰とは、仏像とは、と考えてしまった。

見仏記〈3〉海外編 (角川文庫) Book 見仏記〈3〉海外編 (角川文庫)

著者:いとう せいこう,みうら じゅん
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

波打ち際の蛍

蛍を初めて見たのは大人になってからだ。

それも自然の中で見たのではなかった。

偶然通りかかった都会の街角に立てられた家庭用の倉庫のような建物の中で。

嫌がる子供たちを説き伏せ、長い行列に並び順番を待った。

クーラーが効き、厚いカーテンで真っ暗にした部屋の中で、それは飛んでいた。

想像よりずっとずっと小さくて儚げで小さな光だった。

ふわりふうわりとゆらめく沢山の蛍の光が、心の隅でじんわり暖かく灯った。

波打ち際の蛍      島本理生   角川書店

  ★★☆☆☆

川本麻由は通院先で出会った植村蛍に好意を持ち始めるのだが、彼女には新しい恋に飛び込めない心の傷があった。

以前の彼にDVを受けたからといって、あまりにじれったい麻由の態度の恐ろしい真相が読み進めていくと少しずつ明らかになる。内容が重くつらいが、この作者ならではのやわらかな雰囲気で物語が展開していく。

DVを受け続けているということも、そもそもそんな男性を見抜けなかったということも、私には信じられないことだが、実際にももっとひどい事件が報道されている。病んでいるのは加害者の方なのか、被害者の方なのか。助けようとする人の手も振りほどき、暴力が増長していく。愛欲それとも執着か。もっと大切なことのために人は生まれてきたと思いたい。

波打ち際の蛍 Book 波打ち際の蛍

著者:島本 理生
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

ミャンマー-失われるアジアのふるさと-

会社帰りに地下鉄に乗る。

時間も早いので電車内はすいていた。

向かいの座席に座っていた喜寿はこえようという男性が電車内で携帯に出た。

そして静かな車内に響く大きな声で一言だけ話して電話を切った。

「はい、185000万です」

ミャンマー-失われるアジアのふるさと-   乃南アサ著 坂斎清 写真 文芸春秋

  ★★★☆☆

紀行文。20代の頃は、ヨーロッパやアメリカが好きで出来るだけ遠くを見たかった。でも、年齢のせいか、時代のせいなのかアジアの国に関心が向く。食べ物もアジアのものの方が口に合う。私の遺伝子が喜んでいるのか。

この著書の幼い子供たちの出家のくだりが心に残った。ミャンマーでは出家という制度が貧困層救済の役割も果たしているという。最低限の寝泊りする場所と衣服そして食事が与えられるからだ。食事は大人も子供も平等に分け与えられるらしい。ただし、修行のためにその時間が厳格に決められていて毎日がラマダンのようだ。

通りすがりの旅人である著者にも惜しみなく親切を与えてくれ、その親切をどのように受け取っていいのかためらっている様子が描かれている。難しく考えないで困っている人がいたら、同じように親切にすればいいだけなのだろう。そうして世の中が善意に満ちていく。日本にいるとそんな簡単なことも忘れてしまいがちだ。豊かさって何だろう。

ミャンマー―失われるアジアのふるさと Book ミャンマー―失われるアジアのふるさと

著者:乃南 アサ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »