« 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- | トップページ | 図書館の神様  »

2009年11月15日 (日)

パラドックス13

展覧会に行く。

洋画と日本画をゆっくり鑑賞する。

年齢のせいだろうか、日本画が好ましく感じられることにいささか驚く。

日本画の押し付けがましくない色合いや、絵のもつ力が心地よい。

なかでも明るい色調の風景画に心が癒される。

沢山の作品の中には理由なくひきつけられるものがあって、そういう作品の作者を見ると、私と同じ街の出身であることに気づく。

その絵は私のふるさとの、風景なのだ。

疎遠になり、滅多に思い出すこともない風景だった。

パラドックス13   東野圭吾  毎日新聞社

  ★★★☆☆

13時13分突然、地上から人々が消えた。ごく少数の生存者を残して。さらに天変地異が生存者に襲い掛かる。それは科学者によってあらかじめ割り出され、各国の中枢には知られていた13秒間に起こるP-13現象だった。

映像化が前提のような筋運び。登場人物もどの俳優がいいかな、などと思いながら読み進んだ。13人の生存者のうち、警察官の兄弟、誠哉と冬樹が中心となって物語が展開する。

理性とカリスマを備えた誠哉の言葉が心に残る。極限の時、人は何を拠り所として生き抜いていくのか。本当に善悪は変わるのか。感情を優先にする弟が対比の存在として描かれている。

私達が生きている社会は先達が作り上げたものであること、何もしていないようでも、働いて収めた税金を納めてきており、社会のインフラはその税金で作り上げられたもので、そこに生活させてもらっているのだから、目上の人たちには感謝し、敬うべきだというくだりには、本当にそうだ、と反省させられたことだった。

パラドックス13 Book パラドックス13

著者:東野 圭吾
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- | トップページ | 図書館の神様  »

SF」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/32223627

この記事へのトラックバック一覧です: パラドックス13:

« 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- | トップページ | 図書館の神様  »