« 作家の犯行現場 | トップページ | 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- »

2009年10月12日 (月)

英雄の書

おかあさんは教育ママじゃないよね、とこどもが言った。

勉強はお母さんのためにするんじゃなくて、自分のためにするからだよ。と答えたけれど、本当は何が正しいのかわからないからうるさく言わないだけなのだ。

こどもの友達はみんな塾に行き、幼い頃から英語を学ぶ。

そうやって一流と言われる学校を出て、有名な会社に入ったりその先の学問を修めることは、悪くはないけれど、年端も行かない年齢から遊ぶ時間や寝る時間を削ってまで手に入れるほどのものなのだろうか。所詮それでも世の中の歯車に過ぎないのではなかろうかと。

そんなことより人生に満足し、何があっても負けない心の人になって欲しい。

まだ幼いこどもの顔を見ながら、三匹のこぶたでも家を作って出て行くのよ。だからあなたも大きくなったら自分の力でこの家を出て行くんだよ、と言ってみる。

いやだよというこどもの顔を見つめながら、今はこうやって一緒にいられる時間を楽しもう。ふんわか暖かい気持ちになれるこの時間を。

英雄の書  宮部みゆき 毎日新聞社

  ★★★☆☆

自慢の中学生の兄が恐ろしい犯罪を犯した。亡くなった伯父の別荘にあった「英雄」という書物に取り付かれたからだという。小学生の友理子は物語の世界へと、兄を救い出いだすために旅立つ。

ブレイブストーリーのような青少年向けファンタジーだが、大きなメッセージが込められているように感じた。全ての文章には影響力があり、その内容によって世界を良くも悪くも変えられるのだと。全くその通りだと思う。だから注意深く読む本を選ばなければならないし、ただやみくもに何もかもを受け入れるのではなく、判断する力を持たなければならない。売れればいいとばかりに刺激的な内容の書物を大々的に宣伝したりしているが、読者はそれに振り回されることなく、良書を選んでいかなければ。

英雄の書 上 Book 英雄の書 上

著者:宮部 みゆき
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英雄の書 下 Book 英雄の書 下

著者:宮部 みゆき
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 作家の犯行現場 | トップページ | 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- »

ファンタジー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/31750847

この記事へのトラックバック一覧です: 英雄の書:

« 作家の犯行現場 | トップページ | 娘が東大に合格した本当の理由-高3の春、E判定から始める東大受験- »