« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月12日 (月)

英雄の書

おかあさんは教育ママじゃないよね、とこどもが言った。

勉強はお母さんのためにするんじゃなくて、自分のためにするからだよ。と答えたけれど、本当は何が正しいのかわからないからうるさく言わないだけなのだ。

こどもの友達はみんな塾に行き、幼い頃から英語を学ぶ。

そうやって一流と言われる学校を出て、有名な会社に入ったりその先の学問を修めることは、悪くはないけれど、年端も行かない年齢から遊ぶ時間や寝る時間を削ってまで手に入れるほどのものなのだろうか。所詮それでも世の中の歯車に過ぎないのではなかろうかと。

そんなことより人生に満足し、何があっても負けない心の人になって欲しい。

まだ幼いこどもの顔を見ながら、三匹のこぶたでも家を作って出て行くのよ。だからあなたも大きくなったら自分の力でこの家を出て行くんだよ、と言ってみる。

いやだよというこどもの顔を見つめながら、今はこうやって一緒にいられる時間を楽しもう。ふんわか暖かい気持ちになれるこの時間を。

英雄の書  宮部みゆき 毎日新聞社

  ★★★☆☆

自慢の中学生の兄が恐ろしい犯罪を犯した。亡くなった伯父の別荘にあった「英雄」という書物に取り付かれたからだという。小学生の友理子は物語の世界へと、兄を救い出いだすために旅立つ。

ブレイブストーリーのような青少年向けファンタジーだが、大きなメッセージが込められているように感じた。全ての文章には影響力があり、その内容によって世界を良くも悪くも変えられるのだと。全くその通りだと思う。だから注意深く読む本を選ばなければならないし、ただやみくもに何もかもを受け入れるのではなく、判断する力を持たなければならない。売れればいいとばかりに刺激的な内容の書物を大々的に宣伝したりしているが、読者はそれに振り回されることなく、良書を選んでいかなければ。

英雄の書 上 Book 英雄の書 上

著者:宮部 みゆき
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英雄の書 下 Book 英雄の書 下

著者:宮部 みゆき
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

作家の犯行現場

真っ赤で大ぶりの華が日陰に咲いている。

燃える炎のようにも見える形の華を、不吉な華だと思い込んでいた。

彼岸のころに咲くからか、墓石近くに咲いていることが多いからか。

それとも自分の心の中にある、触れられたくない炎のような想いを思い起こすからだろうか。

作家の犯行現場 有栖川有栖 メディアファクトリーダヴィンチ編集部

  ★★★☆☆

ミステリーの舞台や作家にまつわる土地の紀行記。写真も多く、どの場所も興味深く読み進んだが、最も衝撃を受けたのが出羽三山湯殿山の「即身仏」の項。

堂宇に祭られているご本尊が、俗的な言い方をするならミイラなのだ。それは衆生を救うため上人となった修行僧である。一世行人(いっせぎょうじん)となり厳しい千日単位の山ごもり、水垢離などの修行を続け、木食行(もくじきぎょう)を行い上人(しょうにん)になる。肉体を清める目的もあるのだろう、五穀断ち、そして十穀断ちついには漆を飲むという。その後入定墓へ入りお勤めを続けながら死を迎える。死後三年三ヶ月が経過すると洗い清めて乾燥し、燻製したり、柿渋を塗ったりして厨子に納められるのだ。

なぜそのような生き方が出来るのか、それが自らのためなのか、本当に人を救うことになるのか疑問がとめどなく溢れてくる。すざまじい信仰心は感じられるものの、俗世にどっぷり浸かっている私には、苦しむ人に直接手を差し伸べるマザーテレサのような信仰の形の方が理解しやすい。きっと共通していることは、少しでも後に続く人たちの時代がより幸福になるようにということだろう。

作家の犯行現場 作家の犯行現場

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »