« 訪問者 | トップページ | 告白 »

2009年8月30日 (日)

のぼうの城

幼い頃、砂場で山を作るのが大好きだった。

出来るだけ大きくそして叩いて固めるのだ。

スコップでとんとんと何度も繰り返し叩いて硬くする。

そして手前と向こう側から穴を掘ってトンネルを作るのだ。

奥深く穴に腕を伸ばしていって、反対側の穴とがぶつかり合い、トンネルが貫通する時、手と手が触れる。

その感覚がなんとなく気持ち悪いのに好きだった。

それから山の周囲に道に見立てた溝をほり、水を注ぎ込む。水を入れる容器を持った子供たちで何往復もして水を注ぎ込む。

何も考えず、ただひたすら繰り返す。

陽が傾いて水に落ちばや虫がぷかぷか浮かぶ頃、ようやく満足して家に帰るのだ。

のぼうの城   和田竜 小学館

  ★★★★☆

関白秀吉の軍勢が小田原城を本拠地にする北条方を攻め落とした。館林の忍(おし)城を除いては。石田光成が率いる2万の軍勢と水攻めにも屈しなかったのは、でくのぼうの「のぼうさま」と呼ばれる成田正親が率いる3000人ほどの民だった。

登場人物が全て魅力的に描かれている。それぞれが自分の立場や想いを抱えた上で、あきらめず懸命に生きていて清清しい。

また、この物語の後味がいいのは、どちらも勝ち戦だったからだ。成田軍はこの戦いに勝ったが、本営は負けた。それはすなわち石田軍はこの戦いには負けたが勝利したということだ。

だが、一番の功労者は秀吉に差し出された甲斐姫だろう。後に秀吉の愛妾となり父親に大きな領土を授かることに成功している。抗えない運命を嘆くことなく、強く前向きに生きた女性。現代の私達は伴侶も生き方も自分で決めることが出来る。幸せをかみしめて文句を言わず、生きていかなければ。

のぼうの城 Book のぼうの城

著者:和田 竜
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 訪問者 | トップページ | 告白 »

時代小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/31164076

この記事へのトラックバック一覧です: のぼうの城:

« 訪問者 | トップページ | 告白 »