« 喋々喃々 | トップページ | 蒲生邸事件 »

2009年7月17日 (金)

ネクロポリス

光景が浮かぶ果物と言えば、無花果が一番で、夏の盛りの実が熟した頃になると、近所の人たちが一斉に集まって、思い思いに無花果の実をもぎっては食べたものだった。

実をもぎった断面は白い汁がでて、それが不思議だった。牛乳なのか、それとも無花果の血なのだろうかと考えながら、手にその白い汁をなすりつけ、皮をむいてかぶりついた。良く熟れた実の柔らかさとみずみずしさが美味だった。

その木が誰のものだったのかは確かではないけれど、一軒では食べきれるものではないし、天からの恵はみんなのものだというような、のどかでおおらかな時代だった。

店頭に並ぶ無花果はきちんと包まれ高価なのに、食してみるとがっかりする。

照りつける日の下で、良く売れた実をみんなで集まって食べるのは、何と贅沢だったことか。

ネクロポリス    恩田陸 朝日新聞社

  ★★★★☆

V.ファーと呼ばれる島でヒガンなる行事が行われるという。その土地出身者の血縁者だけが参加できるという。初参加のジュンイチロウの周りで不可解な事件が起こっていく・・。

どうしたら、こういう発想が出来るのだろう。日本の古い風習がイギリス風に発展していったら、という空想から物語が広がっていったのか。確かに舞台を日本にしたら怪談になってしまいそうだが、曖昧な土地にしたせいで不気味ではない不思議な世界観が出来上がっている。日英の混在振りがしっくりいっている気になるから不思議だ。登場人物の共通言語が何語かというのも気にならない。

死者と再び話せたら、というのは多くの人が抱えている想いなのだろうか。

私にも、もう一度だけ会って詫びたい人がいる。

ネクロポリス 上 Book ネクロポリス 上

著者:恩田 陸
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネクロポリス 下 Book ネクロポリス 下

著者:恩田 陸
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 喋々喃々 | トップページ | 蒲生邸事件 »

ファンタジー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/30585105

この記事へのトラックバック一覧です: ネクロポリス:

« 喋々喃々 | トップページ | 蒲生邸事件 »