« 金色の野辺に唄う | トップページ | かつら美容室別室 »

2009年5月10日 (日)

容疑者Xの献身

体調がすこぶる悪いので、夕食は出来合いの弁当で済ませることにする。

こどもが「お弁当おいしかったねぇ」と嬉しそうに言うので、大人気なく答えてみる。

「お母さんのご飯はそんな風にほめてくれないね。」

するとこどもはニッコリ笑って「おかあさんのご飯はもちろんおいしいよ。それに買ったお弁当はかたむいてるし。野菜がないでしょ。」

それはかたよっているというんだよ、という言葉はもったいないから言わなかった。

すぐにそんな言い間違いはしなくなるから。

そうしてありふれた沢山の難しい言葉で、話すようになってしまうから。

容疑者Xの献身 東野圭吾 文藝春秋 ミステリー

  ★★★☆☆

直木賞受賞作。隣人の母娘を守るため、天才数学者の石神がとった行動とは・・・・。

映画化もされ大ヒットした作品。話題になったので当時は敬遠していたけれど、今回図書館で見つけたので読んでみた。ドラマ化するのにぴったりの平凡なストーリーだなと思いながら読み進んでいたものの、やはり東野作品だけにラストのひとひねりが面白かった。でも、Xの動機がやはりいまいちしっくりこない。理が通れば人の道をそんなに簡単に外せるほど、人の命は軽いものなのだろうか。

私の勝手な思い込みかもしれないけれど、この話は作者にとっての全力投球の作品に思えない。『天空の蜂』の方がガリレオシリーズより数倍力作だと思うし、やはり最高傑作は『白夜行』だろう。直木賞はなんだか納得いかない作品が多い。諸事情があるのかもしれないけれど、作品ではなく人に与えるようにしたらいいのに。

容疑者Xの献身 Book 容疑者Xの献身

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 金色の野辺に唄う | トップページ | かつら美容室別室 »

ミステリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/29545570

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

« 金色の野辺に唄う | トップページ | かつら美容室別室 »