« Q&A | トップページ | ラジ&ピース »

2009年3月 4日 (水)

妊娠カレンダー

どうして妊婦さんってあんなにかわいいのだろう。

まぁるいおなか。ふくらんだほっぺ。ゆっくりとした歩き方。

あのふくらみの中に素敵なものが沢山詰まっている感じがして眺めてしまう。

もう一つの命の喜びが、体の中から溢れ出てくるのか。

妊婦だった時、度々見ず知らずのご婦人達が嬉しそうに話しかけてきて、私の大きなおなかを触るので、ひどく驚いたものだった。

彼女達は私が放っていた幸せを感じ取っていたのだ、思わず触れずにいられなかったのだと、今ならばわかる。

妊娠カレンダー  小川洋子 文春文庫  小説

  ★★★★☆

同居している姉が妊娠をした。わたしと姉夫婦のごくありふれた、それでいて奇妙な毎日を紡いだ作品。

以前この作家による話題の長編を読んだときはさっぱり良さがわからない、と思ったがこの短編集はよかった。微妙にずれていく世界や、あやうい心。数字や奇妙なこだわり。それがごく平凡な出来事から描かれていく。小説だけが表せる独特の世界観。こういう作品に出会うと、純文学もいいなぁと素直に思う。

妊娠カレンダー (文春文庫) Book 妊娠カレンダー (文春文庫)

著者:小川 洋子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Q&A | トップページ | ラジ&ピース »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

小川洋子さんの作品、ずっとずっと気になっているのに、なかなか読めずにいます。
この「妊娠カレンダー」もずいぶん前に買って積んだままに・・・。

でもこうして「良かった」という感想や、作品の空気を知ると読みたくなりますね。
近いうちに掘り出してみようと思います(*^-^)

それと、せっかくですので、リンクさせていただいてよいでしょうか?
今後ともよろしくお願い致します♪

投稿: 笹。 | 2009年3月 9日 (月) 10時41分

こちらにも来てくださって、ありがとうございます。

小川洋子さんの作品は、最近の長編をいくつか読んだときには、ぴんとこなかったのですが、これはよかったです。
あくまで私見ですけど、感性で独特の世界を描く作家さんは、若い時の作品の方がいい気がします。

投稿: ゆっこ | 2009年3月10日 (火) 17時54分

笹。さんへ、先ほどのコメントに書き忘れたのですが、どうぞリンクなさってください。
私の方もさせていただきますね。

投稿: ゆっこ | 2009年3月10日 (火) 17時56分

私もこの本を読んだばかりで、
ブログにも感想を書きました。
ゆっこさんの感想が、すごく優しいのに
対し、私のは・・・。
同じ本を読んでいながら、面白いなーと
思っております。(*゚ー゚*)

また、遊びにきますね!

投稿: sakura-kanade | 2009年3月19日 (木) 15時02分

sakura-kanadeさん、コメントありがとうございます。
私は映像にならない感じの文学が好きで、この本は気に入りました。

そちらのブログにも伺いますね♪

投稿: ゆっこ | 2009年3月20日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/28472891

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠カレンダー:

« Q&A | トップページ | ラジ&ピース »