« アフガンの男 | トップページ | 竹中式マトリクス勉強法  »

2008年12月13日 (土)

ノルウェイの森

月が明るい夜だ。

透き通るような夜の空気の中にくっきりと浮かび上がっている。

月にはうさぎがいると言うなとつらつらと考えながら、月を見上げる。

いつも思うのだけれど、やっぱりそうは見えない。

随分目尻を垂らして泣くのを我慢している顔にしか見えない。

そう思いながら見ていてふと気づく。

首をうんと右側に曲げて見るとうさぎの餅つきに見えることに。

そうして私はしばらく首を大きく傾けたまま、細い路地を歩いた。

ノルウェイの森  村上春樹 講談社文庫 小説

  ★★★☆☆

僕は亡くなった親友の恋人、直子と偶然再会した。逃げるように上京した東京の街角で。そして、淡々とこなしていく学生生活の中で緑と出会ってしまった。あの頃の僕の、懸命に生きた足跡。

この小説は私にとって特別なものだった。悪い意味で。

それまであまり知られていなかったこの作者の大フアンだった私は、この作品で大きく変わった作風に幻滅したけれども、それに反して世の中に大きく受け入れられ、なんだか15年以上手に取ることを止めてしまった。

再び村上作品を読み始めたきっかけは、このブログに以前書いたのでここでは書かないけれども、映画化される話を聞いて、またふと読み返したくなったのだ。

やはり、上手い。ではあの頃の私がなぜそんなにも忌み嫌ったのか。

あまりに登場人物が自死し過ぎるのだ。恵まれた環境の将来有望な若者達が、世の中に対応できないというだけの理由で。その当時、私の親しかった職場の同期が恋に破れて自ら命を絶ったばかりだった。正直に言って、彼女を失った大きな悲しみと同じくらい先立った彼女に深い憤りを感じたのだ。残されたものの苦しみは非常に大きく、どんなことがあっても天の定めるその時まで、人は生き抜いていかなければならないと強く思ったし、その方がずっと難しく価値があるのに、この小説は命を軽く扱っているようにしか思えなかった。

そして性が男性の視点からのみ描かれていて、重要視されすぎていて違和感が大きすぎたのだ。

今もその感想は変わらないけれど、大きく違うのは、そういう思い違いもあって当然だと思えるところなのだ。男と女は全く違う生き物で、だから惹かれあうのだし、そこが面白いのだと。理解しあう道程が恋だというのだと。

そして、この小説に幻滅したあの頃の私の幼さがいとおしいと思うのだ。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫) Book ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノルウェイの森 下 (講談社文庫) Book ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アフガンの男 | トップページ | 竹中式マトリクス勉強法  »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】
初めてお邪魔しました。
私も村上さんや川上弘実さんがすきでコメントさせていただきました。
そのほかにも金原ひとみさん、三崎亜紀さんとかも読みます。

わたしも、ココログでブログやってますんで、もしよかったら遊びに来てください。
因みに、ちょっと暗めの女子高生です。

投稿: 柚子月 | 2008年12月18日 (木) 18時58分

こんにちは。

柚子月さんとは年齢はちがうけれど、同じような本を読んでいて、コメントを下さって、本当に嬉しく思います。

高校生の頃は、生きるということや、運命ということをいつも考えていて、朝が嫌いでした。でも今はあの頃沢山悩んだから、幸せに生きてこられたのかな、と思っています。

投稿: ゆっこ | 2008年12月18日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/26157852

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイの森:

» 『ノルウェイの森』 [Pesciのブログ]
「好みが分かれるけどね」なんて言われて読んでみたのだが、『ノルウェイの森』はちょっと重すぎた。 読んでいて、どっと疲れた。 最近、ご主人を亡くした親戚がいたせいか、学生運動など社会にうっぷんが溜まっている状況が、なんだか今のように思えてしまうのか、読んでいる間... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 04時27分

« アフガンの男 | トップページ | 竹中式マトリクス勉強法  »