« 黒と茶の幻想 | トップページ | 真鶴 »

2008年5月20日 (火)

麦の海に沈む果実

そこには立派な薔薇のアーチがあり、大輪の薔薇が咲いている。

沢山の白い薔薇の中に、ちらほらと真紅の薔薇もありそれは見事なものだ。

けれど人がほとんど見当たらない。

いつもは、近所の子供たちや老人達がのんびり過ごしている場所なのに、大輪の華が開くこの季節はなぜか閑散としている。

かくいう私もゆっくり楽しもうとしないのはどうしてだろう。

芳しい香りを漂わせて大振りの花が堂々と咲き誇っている。

重すぎる花のために、か細い枝がひどくしなって、花が不安定に揺れるのもお構いなしに。

そんな様子をしばらく眺めているとなんだか落ち着かないのだ。

気高い薔薇の生命力に圧倒されてしまうのだろうか。

今日も薔薇が美しく咲いている。

麦の海に沈む果実  恩田陸  講談社 小説

  ★★★☆☆

そこは経済的に恵まれながらも、複雑な家庭の子息達が集められた全寮制の中高一貫校。湿原に面した学校へ2月にやってきた理瀬の、亡くしたものを取り返す日々が始まった。

登場人物はみんな謎めいていて、独特の雰囲気に包まれた恩田ワールドで一気に楽しめてしまう。話の筋とは直接関係ないのだが、前回読んだ『黒と茶の幻想』に出てくる人物と同一と思われる少女がいて、そこも楽しめた。他の登場人物も他の作品に登場しているのかしらと、ぜひ他の作品も読まなくてはという気にさせられる。う~ん、売り方がうまい。

でも、面白いから読んでしまうんです、これが。

麦の海に沈む果実 (講談社文庫) Book 麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

著者:恩田 陸
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 黒と茶の幻想 | トップページ | 真鶴 »

ミステリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

恩田ワールド、謎めいていて先がはっきり見えない感じですよね。でも、引き込まれてしまうんですねー。

「黄昏の百合の骨」は「麦の海」の主人公理瀬のその後が描かれてますが読まれましたか?

恩田さんの作品、登場人物がリンクしてるのがいっぱいあって、あれもこれも読まなきゃって気になります。


投稿: | 2008年5月21日 (水) 23時47分

栞さん、こんにちは。
恩田陸の作品を読み始めたのは、実は最近なのです。
今まで知らなくてもったいなかった、と思ってます。
「黄昏の百合の骨」早速読んでみますね。

投稿: ゆっこ | 2008年5月22日 (木) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/21052707

この記事へのトラックバック一覧です: 麦の海に沈む果実:

» 麦の海に沈む果実(恩田陸) [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 「わたしが少女であったころ、  わたしたちは灰色の海に浮かぶ果実だった。」 久しぶりに、恩田陸の作品を読んだ。「麦の海に沈む果実」(講談社)である。相変わらず、タイトルの付け方がうまい。       主人公の理瀬は二月最後の日に外界と遮断された全寮制...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 15時25分

« 黒と茶の幻想 | トップページ | 真鶴 »