« 此処彼処 | トップページ | 黒と茶の幻想 »

2008年4月21日 (月)

空中ブランコ

私は社交的だと思われているけれど、人付き合いが苦手で「嫌」と言えない性格だ。

そのせいで損な役回りばかりさせられている気がして、時々無性にやりきれなくなる時がある。

私とは違って、いつも要領よく立ち回っている人がいる。

何もしないで批判ばかりしている人がいる。

だけど私は、そんな風に振舞える人をうらやみながらも、やっぱり自分を変えられないのだ。

そうしてため息をつきながら考える、果たして私はそんな人間になりたいのだろうかと。

こどもには自分のことしか考えない人になってはだめよ、と言うだろう。

そうだった、こどもの頃は他人に尽くすりっぱな人になりたいと心から思ったのだった。

ほんの少し子供の時代の夢がかなっていると思えばいいのだ。

あの頃の私がなりたいと思ったような人間に、果たしてなれているのだろうか。

空中ブランコ     文藝春秋  奥田英朗  小説

  ★★★★☆

イン・ザ・プール    文藝春秋  奥田英朗  小説

  ★★☆☆☆

伊良部総合病院の地下にある精神科に、医学博士・伊良部一郎はいる。そこを訪れる患者たちは、注射ばかり打ち、大層個性的なこの医者に面食らい、彼のペースに振り回されてしまうのだが、少しずつ心の平静を取り戻していく。

『空中ブランコ』を読んで、なんだか私の苛立った心にも伊良部医師の治療効果があったようで、すがすがしい読後感が残った。凝り固まって、勝手にストレスを溜めていた自分にはたと気づいたのだ。子供のように自由に振る舞い、他人の評価などは全く気にしない彼の「性格は既得権なの」というせりふにそうだなぁ、あんまり善人面してもキツイだけかも、と素直にそう思ってしまう。

だから、その一作目である『イン・ザ・プール』を読んでみたら、伊良部医師があまりにも変人でマザコンに書かれていて、なんだかがっかり。だから、まだこの作品を呼んでいない方は、ぜひ、『空中フランコ』を先に読まれることをお勧めします。

空中ブランコ Book 空中ブランコ

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イン・ザ・プール Book イン・ザ・プール

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 此処彼処 | トップページ | 黒と茶の幻想 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/20441375

この記事へのトラックバック一覧です: 空中ブランコ:

» 空中ブランコ [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 我らが迷(名?)医・ドクター伊良部が、またまた大活躍だ。「空中ブランコ」(奥田英朗:文芸春秋)である。当ブログでもだいぶ前に、シリーズ前作の「イン・ザ・プール」の記事を書いたが、2作目に当たる本作もやっと文庫化されたので、さっそく買ってきた。ちなみに...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 12時13分

» イン・ザ・プール [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 医者にも色々なタイプがいるが、中にはこんな医者は絶対にごめんだと思うような者もいる。しかし、「イン・ザ・プール」(奥田英朗:文芸春秋社)に出てくる医者を超えるものは、そうはいないであろう。  なにしろ、見るからに変人でマザコンで注射フェチという設定で...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 12時15分

« 此処彼処 | トップページ | 黒と茶の幻想 »