« 異邦人 | トップページ | ほげらばり »

2008年3月31日 (月)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

桜が花開くと、どうしてこんなにも街は華やかに色づくのだろう。

いつもと同じ道、いつもと同じ風景なのにずっと美しく感じるのだ。

歩いても、自転車でも、車で流しても。

取り立てて嬉しいことなどなくとも、心が軽やかに弾んでいるのがわかる。

満開の桜を眺めていると、通りすぎたちっぽけな思い出や、心に貯めていた哀しい気持ち、そして今過ぎ去ろうとしているこの時間も、なんだか特別の素敵なものに思えてくる。

毎年間違いなくこの季節が巡ってくることを感謝して、桜をただ眺める。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか  北尾トロ  文春文庫 ルポ

  ★★★★☆

裁判所とは無縁だった作者が、この本の執筆のため傍聴した裁判について、作者のイラストを交えて紹介している本。

裁判員制度が始まるという。恥ずかしながら私は、それがいつ、どのように始まるのか今もってわからない。新聞などに掲載されている広告では詳細が全くわからないのだ。あれで理解できる人がいたら、お目にかかりたいくらいだけれども、文句ばかり言っていても始まらない。人が人を裁けるのか、突然、国民の義務ということで行わなければならないというけれど、果たしてこの私がそんな大役を果たすことが出来るのか、それに裁判の結果に恨まれても恐ろしいしと不安ばかりつのっていたら、この本を見つけたのだ。

題名も表紙も文体もかなりやわらかいのだけれど、きちんと伝えたいことは伝わってきた本だった。つまり、裁判に関わる人全てにとって、裁判というのはきちんと公になった方がよりその本来の意義を果たしやすいということ、そのためにみんなが裁判に関心を持った方がいいということが書かれていた。

色々な人間模様が描かれていて、時には不遜ではあるけれども笑ってしまったり、深く考えさせられたりした一冊。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫) Book 裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)

著者:北尾 トロ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 異邦人 | トップページ | ほげらばり »

ルポタージュ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/12012551

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判長!ここは懲役4年でどうすか:

» 『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』 [観・読・聴・験 備忘録]
北尾トロ 『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』(文春文庫)、読了。 一時期、話題になっていた「裁判傍聴マニア」。 ブームの火つけ役と... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 20時45分

« 異邦人 | トップページ | ほげらばり »