« 夜のピクニック | トップページ | 風の墓碑銘 »

2008年1月15日 (火)

テンプル騎士団の遺産

海外に住む友人と、久しぶりに電話で話す。

コンピューターを使ったテレビ電話で、なんと料金も無料のものだ。

時々気になる雑音もあったけれど、通話には問題なく、映像もクリアでつい長話をしてしまった。

友人が住んでいるその町は、私もひところ住んでいたことがあり、共通の知人も多い。

それらの人々の近況やご家族の話を聞いたりして、今更ながらに時が流れるのは本当に早く、そういう私自身もあの頃とはすっかり生活が変わったと実感する。

それでも変わらず親交を深められるのは、新しい技術によるところも大きいなぁと思う。

私があの街で一人で暮らしていた頃は、毎日アパートのポストを覗いては、手紙がきていないかと思ったものだ。ほどなくしてファックスをつけ、待たずして返事が来ることに感激していたのに、今ではテレビ電話なのだ。

思えばこうやって、自分の想いをネットに載せて、いつか会えるとも知れない人に読んでもらえるのも嬉しく、これからどんな世界が待っているのかと思うとなんだかワクワクする。

テンプル騎士団の遺産 スティーブ・ベリー  エンターブレイン 小説

  ★★★☆☆

デンマークで古本屋を営むマローンと会う約束をしていた、アメリカ捜査機関での元上司のステファニーが何者かに襲われた。ステファニーが古書の購入を依頼したハンセンは何者かに殺害され、その古書はステファニーの夫とも親しかったマローンの家主が競り落としたという。一体その本には何が書かれてあるのか、その秘密とは・・・。

テンプル騎士団の秘宝を巡るフィクション。キリスト教国の人々にとって中世の時代はつきないロマンを感じるもので、色々な物語が書かれているものなんだなぁと感心する。日本人にとっての徳川の秘宝?信長の死の真実?そんな感じなのだろうか。この話も良く出来ていて、謎解きあり、どんでん返しありで楽しめた。多分、敬虔な信徒は眉をひそめるだろうけれど、これも映画化されたら面白いと思う。

テンプル騎士団の遺産 上巻 Book テンプル騎士団の遺産 上巻

著者:スティーブ・ベリー
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

テンプル騎士団の遺産 下巻 Book テンプル騎士団の遺産 下巻

著者:スティーブ・ベリー
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夜のピクニック | トップページ | 風の墓碑銘 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/9899491

この記事へのトラックバック一覧です: テンプル騎士団の遺産:

« 夜のピクニック | トップページ | 風の墓碑銘 »