« 風の墓碑銘 | トップページ | 六番目の小夜子 »

2008年1月30日 (水)

まぼろしハワイ

夕暮れ時、偶然通りかかったその場所は、まるで緑の綿が一面に敷き詰められているようだった。

ふうわりと、ぎっしりと。

あたたかそうな、うれしそうな。

そこは都会の片隅に申し訳なさそうに広がる、小さな畑だった。

なんだっけ、これはなんだっけとほんの少し考えて、人参の葉っぱだと思い出す。

かわいらしく、ぼわぼわと。

大地に眠る実をいたわる様にそっと広がっていた。

それを眺めていたら、あぁ早くうちへ帰ろう、急にそう思った。

まぼろしハワイ  よしもとばなな  幻冬舎  小説

  ★★★☆☆

短編集。 

あざみさんはわたしと年が近いけれど、パパの奥さんだ。パパが亡くなって、ハワイへと私達は癒しの旅にやってきた。

この本は、デビュー当時からのファンとしては久しぶりに満足した作品ばかりだった。私は表題の作品より「銀の月の下で」が特によかった。両親が離婚した女の子の話で、最初の結婚に疲れ、新しい幸せをつかみたい母親の気持ちが中立に描かれていながら、それを受け入れつつも母の罪のない残酷さに傷つく子供の痛みが丁寧に描かれていて、心に染みた。

会話だけで話が進んでいく場面になると、男性が話しているのか、女性が話しているのか混乱することが多々あった。どうしてなのかと考えてみると、登場人物の男性が男言葉を使っておらず、語尾が性別に関わらず同じなのだ。よしもとさんが東京出身だからなのだろうか。それとも単にソフトな男性が好みなのかしら。

まぼろしハワイ Book まぼろしハワイ

著者:よしもと ばなな
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 風の墓碑銘 | トップページ | 六番目の小夜子 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/10154562

この記事へのトラックバック一覧です: まぼろしハワイ:

« 風の墓碑銘 | トップページ | 六番目の小夜子 »