« 震度0 | トップページ | ナラタージュ »

2007年7月30日 (月)

精霊の守り人

小さな川の側にあるキャンプ場に行く。

自然の中にいると子どもは本当に生き生きとする。

時間を忘れてアメンボやおたまじゃくしをすくったり、大きな岩によじ登ったり、虫取りと一日中、実に楽しそうだ。

山の中で携帯の電波も入らないし、蝉時雨と水音以外しない。

いつも時間に追われているのが現実とは思えなくなってくる。

ぼんやりと川面を眺めているだけで、自然に抱かれているようなゆったりとした気持ちになる。

自然の中に身を置くと日常の様々なことがリセット出来るのだ。

あぁ、なんて幸せなんだろう。

もっとも、車にキャンプの荷物を積む際に軽いぎっくり腰になって、ずっとロッジで寝ていただけのおっとがどう感じているのかはわからない。

精霊の守り人   ファンタジー 上橋菜穂子 新潮文庫

  ★★★★☆

女剣士バルサはひょんなことから、第二皇子チャグムの護衛をすることになる。チャグムの体内に巣食ったものが原因で命を狙われているのだ。100年に一度起こると言われている大飢饉は果たして彼が原因なのか。チャグムとバルサの運命は・・・。

作者はアボリジニが専門の文化人類学者だという。そのせいか物語は日本のようでいて、エスニックな香りも強く、伝承や文化の違いなども散りばめられていて、児童文学といいながらも読み応えがある。『守り人シリーズ』は日本から外へ発信していけるファンタジーだと思う。また読破したいシリーズが私の中で一つ増えた。

精霊の守り人 Book 精霊の守り人

著者:上橋 菜穂子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 震度0 | トップページ | ナラタージュ »

ファンタジー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

暑中お見舞い申し上げます。

キャンプに行かれたんですね。お子さんたち喜ばれたでしょう?
蝉時雨と水温以外には子供の声しか聞こえない空間で心の洗濯ができて良かったですね。

お主人、出発前にハリキリ過ぎたのね~
その後いかがですか?

投稿: Lugia | 2007年8月 3日 (金) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/7331716

この記事へのトラックバック一覧です: 精霊の守り人:

« 震度0 | トップページ | ナラタージュ »