« だから、僕は学校へ行く! | トップページ | 震度0 »

2007年7月 5日 (木)

イギリス、湖水地方を歩く

梅雨の中休みの晴れ間はなんだか嬉しい。

洗濯物もカラット乾くし、布団もふっくら。

空も青々と清々しくて、思わず遠くのスーパーまで自転車で出かける。

運動不足解消と買い過ぎ防止の一挙両得なのだ。

浮かれた気分で自転車を漕いでいると、塀の上の木陰で上手にネコが昼寝している。

ただのんびりと幸せそうに丸まっている。

時間に追われることもなく白いふんわりとした毛をそよがせて。

私もなんだかゆったりとした気分になって見慣れた道を進んでいく。

イギリス、湖水地方を歩く   谷村志穂 岩波書店 紀行文

  ★★★☆☆

テレビ番組でイギリス湖水地方を歩いた様子を綴った紀行文。

全く知らなかったのだけれど、英国人は世界で一番「歩くことを愛している」人たちらしい。その権利も守られていて、「フットパス」なる歩道が全国各地に張り巡らされており、フットパスに指定されていれば、たとえ私有地だろうとどんどん歩いていけるそうだ。ピーターラビットで有名なこの地方を、バックパックを背負い、清潔でこじんまりしたホテルに泊まりながらのんびりと旅していく。山登りは無理だと思うけれど、これなら私にも出来そう。いつの日かゆっくりと自然を楽しみながら歩いてみたいものです。

イギリス、湖水地方を歩く Book イギリス、湖水地方を歩く

著者:谷村 志穂
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« だから、僕は学校へ行く! | トップページ | 震度0 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/7043200

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス、湖水地方を歩く:

« だから、僕は学校へ行く! | トップページ | 震度0 »