« 月への梯子 | トップページ | イギリス、湖水地方を歩く »

2007年6月22日 (金)

だから、僕は学校へ行く!

ミニトマトの苗が育ってきたので大きめのプランターに植え替えた。

プランターに残っていた土を再利用するので、石灰やら油粕やらをたっぷり混ぜる。

これで栄養満点よとばかりに植え替えてしばらくするとなんだかトマトの元気が無い。

水もやり過ぎていた様だ。

放ったらかしにも関わらず毎年甘い実をつけるイチゴを見ながら、トマトもあんまり過保護は好きじゃないのねぇと気づく。

土は少しくらい痩せていて、乾いた土に水を上げるくらいで丁度良い。

過干渉が嫌なのはこどもだけではないのねぇと思いながら、水が好きな花に水遣りをする。

だから、僕は学校へ行く! 乙武洋匡 講談社 エッセイ

  ★★★★☆

なぜ筆者が公立校の教師になったのかが綴られているエッセイ。

彼が教師を目指そうとする中で、彼自身が子供の頃に人々から与えられた愛情や色々なものに改めて気づいていく過程に素直に感動。感動という言葉はやすっぽくてあんまり好きではないのだけれど、自分が到底到達しそうもない高みにいる人に接すると、やはりこう表現するしかないのかなと思う。彼は物事を正面から捉えて、自分の出来うる努力をしているのに、あくまで自然体で無理が感じられないところが卓越しているなぁと思う。あぁ、うちのこどもも乙武先生に指導していただきたいものです。もちろん、今の先生方も素晴らしいのですけれど。

だから、僕は学校へ行く! Book だから、僕は学校へ行く!

著者:乙武 洋匡
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 月への梯子 | トップページ | イギリス、湖水地方を歩く »

エッセイ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

同感!乙武さん(今は先生ね!)に指導してもらえる子供たちは本当にラッキーですよね。勉強以外の人生で本当に大切なことが学べるような気がします。

乙武さんの著書は「五体不満足」しか読んだことが無く、テレビに出演したのを見聞きしただけですが、あの柔軟で前向きな姿勢と健やかさはいったいどこから来るかと感心します。

投稿: ルギア | 2007年6月27日 (水) 16時28分

「みんな違っていていいんだよ」という彼のメッセージが良かったです。ルギアさんがいうとおり、意思があるのに柔軟なところが乙武さんの魅力ですねw

投稿: ゆっこ | 2007年6月28日 (木) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/6874373

この記事へのトラックバック一覧です: だから、僕は学校へ行く!:

« 月への梯子 | トップページ | イギリス、湖水地方を歩く »