« となり町戦争 | トップページ | アッコちゃんの時代 »

2007年5月30日 (水)

すべての雲は銀の・・・

若くて悩みが多かった頃、利己的な自分を恥じては、歳を重ねたらどんなにか心が広くなり、寛容で、優しい人間になれるのだろうかと思っていた。

確かに、経験を経て初めて理解できるようになった人の痛みや喜びもあり、色々な人をゆるせるようになった。

けれど、過ごしてきた年月の分だけ固まってしまった価値観や、どうしても触れられたくない傷に関しては、なんだか以前の方がずっと心の許容量が多かったように思うのだ。

あの頃の私が十分大人だと感じていた年齢になっても、まだまだ未熟な自分がいる。

すべての雲は銀の・・・  村山由佳 講談社 小説

  ★★★★☆

兄に恋人をとられた祐介を心配した友達の紹介で、彼は長野上田の宿「かむなび」でアルバイトすることになる。

自然溢れる山の中での個性豊かな人々との生活が描かれているのだけれど、祐介だけがみんなから影響を受けるのではなく、上田の地元の人たちも彼から影響を受けていく。説教くさくなく人と人とのつながりのあったかさが書かれている。ともすれば、重く暗く描きそうな登場人物たちの過去をさらりと書いてあるのもいい。時間が癒してくれるもの、変えられないもの、色々あるけれど、それでも人は生きていくのだから。

表題はEvery cloud has a silver lining(どんな雲も裏は銀色に光っている)からとったらしい。どんなつらい時にも、必ず素晴らしいことがある。しみじみそう思う。

すべての雲は銀の… Book すべての雲は銀の…

著者:村山 由佳
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« となり町戦争 | トップページ | アッコちゃんの時代 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

『すべての雲は銀の・・・』は、けっこう気に入っています。初めて読んだときには、「幸せや不幸はとても個人的なもの」という瞳子のセリフに感じ入っていました。まだガキだった自分は、「痛いときは痛いって言っていいんだ」と言ってもらって心安らいだんですよね。人間関係の心地よさにも惹かれました。心が弱ったときにはいまだにときどき読み返してしまいます。

投稿: 山村祐介 | 2007年7月 3日 (火) 19時09分

山村さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

村山さんの小説は、人間を見る目が温かくて、希望があるところが好きです。
心が明るくなったり、気づかされたり、すっきりしたり、本との出会いって人との出会いにも似ているような気がします・・・。

投稿: ゆっこ | 2007年7月 5日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/6604920

この記事へのトラックバック一覧です: すべての雲は銀の・・・:

« となり町戦争 | トップページ | アッコちゃんの時代 »