« 数学的にありえない | トップページ | みじかい命を抱きしめて »

2007年4月 3日 (火)

アキハバラ@DEEP

桜の季節になると、いつもの風景が様変わりする。

枝から溢れ出すように桜の花々が一斉に咲く。

薄すぎず、濃すぎない過不足なく美しい桜色の花びらが示し合わせたように開く。

枝と枝が花びらで結ばれるように花開く。

そして最も美しい時に突然、人々の上に花びらが降り注ぐように、迷いなく豪華に花の時期を終える。

音を立てるわけでも、強い香りを発して存在を誇示するわけでもないのに、多くの人々の心を明るくしたり、切なくしたり、あるいはかき乱していく。

ほんの刹那の盛りのために、残りの日々をただ静かに過ごして。

私は一体こんな風に生きられるのだろうか。到達し得ない境地だからこそ、今日も桜を見上げてしまう。

アキハバラ@DEEP  石田衣良 文藝春秋   小説

  ★★★☆☆

少しずつ社会に適応し辛い若者達が集まって、画期的な検索エンジンを開発した。それが全て盗まれようとしている!アキハバラ@DEEPはどう対抗するのか?

意思のあるロボット「鉄腕アトム」などの話があったけれども、現在はPCソフトでそんな物語があるのだなぁと関心してしまった。私が子供の頃にはパソコンで動画を見たり、電話やメール、買い物をするなんて思いも寄らなかった。人間を取り巻く色々なものは驚くべき速さで様変わりしていくけれど、なんだか人間だけが相も変わらず悩んだり、苦しんだり、同じことを繰り返している。だからせめて自分を見失わず、急がず、欲張らずのんびり生きていこう。

アキハバラ@DEEP Book アキハバラ@DEEP

著者:石田 衣良
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 数学的にありえない | トップページ | みじかい命を抱きしめて »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ゆっこさんの桜のお話に感動しました。これから桜を見る目が変りそうです。
桜のような人生。自分には無理ですが、(シブトク足掻きます、私は)そういう生き方をあえて選んでしまう人もいるんですよね~。
潔くも切ない。

投稿: ルギア | 2007年4月 4日 (水) 17時01分

私も、自分自身はシブトク生きていこうと思ってます。今が一番幸せだ、と思うことにして。

投稿: ゆっこ | 2007年4月10日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/5957106

この記事へのトラックバック一覧です: アキハバラ@DEEP:

« 数学的にありえない | トップページ | みじかい命を抱きしめて »