« 間宮兄弟 | トップページ | 赤い長靴 »

2007年3月 2日 (金)

ハミザベス

自転車に乗ると、周りの景色が良く見える。

歩いている時よりも速度が少し速いのがいいのか、目線が変わるからなのか、普段よりきれいな景色が広がる。

自転車に乗って近くの庭があるお宅の側を通り過ぎると、大きな真紅の寒椿が花の盛りだった。

深緑のりっばな葉に負けないように、凛と咲いている。

冬に花をつける椿はなんて素敵なんだろうと思ってふと見ると、同じ庭の桜もすでに七分咲きだ。

ほんの少し混乱したけれど、ここは暖かい冬の贈り物だと思おう。

ハミザベス  栗田有起 集英社 小説

  ★★★☆☆

とっくに死んだはずの父が亡くなり、まちるにマンションを残したという。そして父が最後に暮らしたという女性にハムスターを託される・・・。

このすばる賞をとった表題の話も面白かったが、もう一つの『豆姉妹』の方が楽しめた。看護婦だった姉がある日突然SMの女王様になる話で、主人公の姉妹は複雑な家庭環境にありながらも、のんびり明るく物語が展開していく。二作とも、難しい家庭の話で、実際にはなさそうな奇天烈な展開なのだけれど、そんなことより話の空気感といおうか、久しぶりにこの人好きだなぁという小説家に出会った。なんだか嬉しい。

ハミザベス Book ハミザベス

著者:栗田 有起
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 間宮兄弟 | トップページ | 赤い長靴 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

女性専門ブログランキングをオープンいたしました。
オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。
ご参加をお待ちしております。

投稿: JB女性ブログランキング | 2007年3月 5日 (月) 14時02分

面白そうですね!
是非読んでみたいわ。読みたい本が次から次へ出てきて大変。
夜、寝る前に本を読み始めても数ページ読んだところで眠りに落ち、気が付いたら電気つけっぱなしで朝になっていたなんてことがよくあります。

寒椿と桜が同時に咲くなんてね~
でも綺麗でしょうね。

投稿: ルギア | 2007年3月 6日 (火) 18時45分

不思議系?で面白いですよ!
少し荒削りなところも、それはそれでいい感じです。

投稿: ゆっこ | 2007年3月10日 (土) 16時48分

こんばんはぁ~♪


コメントとTBありがとうございました。

先日、ブリトニー・スピアーズが動機もなく、発作的にスキンヘッドにしてしまいましたが、そんなブリトニーの気持ちが少しだけわかったような・・わからないような『豆姉妹』でした(笑)

村上春樹さんがお好きであれば(プロフィール拝見しました)『オテルモル』オススメです。機会があればぜひ!

たくさんお読みになっていますね!またお邪魔させていただくのでよろしくお願いします♪

投稿: きたあかり | 2007年4月17日 (火) 00時22分

きたあかりさん、こんにちは
『オテルモル』読んでみます。楽しみです♪
こちらこそ、宜しくお願いします。

投稿: ゆっこ | 2007年4月21日 (土) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/5545275

この記事へのトラックバック一覧です: ハミザベス:

» 「ハミザベス」 栗田有起 [きたあかり カフェ]
はたちになる直前、ハムスターとマンションを相続した、まちる。実家を出て、一人暮らしを始めるが…。奇妙な設定を静かなユーモアで包んだ、注目作家のデビュー作ほか『豆姉妹』収録。第26回すばる文学賞受賞作。<感想> ★★★★☆『お縫い子テルミー』『オテルモル』...... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 00時07分

» 栗田有起【ハミザベス】 [ぱんどらの本箱]
西日が強く照りつけるマンションの一室と現金を遺して父が死んだ。遺言により、娘はマンションを、母は現金を相続した。娘の「まちる」は、せっかくだからとマンションへ引っ越し、初めての一人暮らしを体験する。 第26回す... [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金) 09時45分

« 間宮兄弟 | トップページ | 赤い長靴 »