« アンクルトムズ・ケビンの幽霊 | トップページ | 間宮兄弟 »

2007年2月21日 (水)

ニッポニアニッポン

学校を出た頃、焦燥感にかられて仕方が無かった。

何を焦っているのか、何が不安なのかよくわからなかった。

将来への不安、自分の能力へのあきらめ、そして不公平な社会への不満、そんなものにも思えたし、そうでないような気もした。

その頃、そう母に話すと軽く笑って、「それは若いからよ」と答えた。

いくつかの季節がめぐって、あの頃の母の年齢になろうとする私は、あの頃のように強くは無いものの、今でもなお、おぼろげな焦りを感じている。

ニッポニアニッポン  阿部和重 新潮社 小説

  ★★★☆☆

鴇谷春夫は17歳。名前に鴇(とき)という字があることから、トキと自分を同化させ、特別な存在であると思い込む。片思いの相手を執拗に追い回し、故郷を追われた彼はネットと妄想の世界にはまりこんでいく。 

あまりにリアルで、形を少し変えれば実際にいつ起こってもおかしくない、と恐ろしくなった。抑えることも、あきらめることも、折り合いをつけることも知らず、ちやほやされてきただけの大きな子供。感謝は知らないのに不満と自尊心ばかりの存在。恵まれた境遇がなぜか不幸な人間を作っていく。なんだか空しい読後感。この作者の切り口はいつも激しくて、もう少し救いがほしいなぁと思ってしまう。

私は思う、やっぱり人はみんな誰かのお役に立つために生まれてきたんだよ、その人にしかできない方法で。

ニッポニアニッポン Book ニッポニアニッポン

著者:阿部 和重
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アンクルトムズ・ケビンの幽霊 | トップページ | 間宮兄弟 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/5426894

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポニアニッポン:

« アンクルトムズ・ケビンの幽霊 | トップページ | 間宮兄弟 »