« ニッポニアニッポン | トップページ | ハミザベス »

2007年2月26日 (月)

間宮兄弟

おっとは早起きだ。

本当に感心するのだけれど、どんなに遅く帰ろうとも、どんなに深酒をしても、同じ時間にきちんと目を覚ます。ほとんどの場合、目覚ましより早く。

そして、恐ろしく長く時間をかけてひげをそるのだ。儀式のように、神妙に。

ブゥーン、ブゥーンという髭剃り器の低い音がお経のように響く。

結婚したばかりの頃は、やたら長いそのひげそりの時間について、いささか驚きもしたし、文句も言ってみた。

おっとはただ聞き流すだけで改めようとはしなかった。

いつしかあれほど耳障りだったおっとのひげそりの音が聞こえてくると、安心してうつらうつらし、その音が止まると不思議に目が覚め、さぁ一日のはじまりだ、と思うのだ。

間宮兄弟    江國香織 小学館 小説

  ★★★☆☆

徹信と明信は二人で暮らす30歳過ぎの独身兄弟。徹信がホームパーティーを開いたことから、直美、その妹の夕美と彼氏、徹信の同僚も加わった人の輪が出来ていく。兄の先輩の妻に思いを寄せる徹信と、大学生の直美への思いを抱く明信の恋のゆくえは・・・・。

この作者にしてはめずらしく男性が主人公で、ホームドラマのような小説。いつもの癖の強い女っぽい女性がほとんど出てこない何と言おうか、「江國風な作品」ではないけれど、朝の連ドラ感覚で楽しめた。この人の文体の独特の空気感が損なわれてしまうので、絶対映画化して欲しくないと常々思っているのだけれど、この作品に限ってはちょっと見てみたい。

間宮兄弟 Book 間宮兄弟

著者:江國 香織
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ニッポニアニッポン | トップページ | ハミザベス »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

男の人が是非女性に読んで欲しい作品だそうですね。男性心理が良く描かれているとか。
いつも書店で目立つところにあるので気になる存在の江國香織。まだ読んだことがなかったのだけど、知人から『冷静と情熱のあいだ-Rosso』を辻仁成のBlu版と共に借りています。
このコラボレーション、ゆっこさんは読んだことがありますか?もしありましたら赤青どちらの作品から読むといいか教えてください。

ご主人の髭剃り音を目覚ましに起きるゆっこさん、可愛い♪

投稿: ルギア | 2007年2月27日 (火) 17時11分

『冷静と情熱のあいだ』読みましたよ!私が読んだ本は二つの話が一冊になっているもので、一章ずつ交互に読んでいくようになっていました。ごめんなさい、どちらから始まったかは忘れてしまいましたが、最終章は、辻さんの文章でした。

投稿: ゆっこ | 2007年2月27日 (火) 17時25分

おお!そういう読み方があったか!!
今、手元にある2冊の文庫本を見たら、両方とも13章からなっていたので、Rossoを先に一章ずつ交互に読んでみます。
何だか楽しくなってきた~
どうもありがとう!

投稿: ルギア | 2007年2月28日 (水) 04時51分

こんばんわ。TBありがとうございました。
 だんなさんのお話、とても素敵な文章ですね。
江國さんっぽいというか。視点が独特で、リズムのいい文章だと思いました♪
また遊びに来たいと思います。ではでは。

投稿: peco0102 | 2007年11月23日 (金) 23時56分

peko0102さん、こんにちは。
 つたない文章を褒めていただいて、嬉しいです♪
大人になると、ほめてもらうことが少なくなるから、純粋に嬉しい。
 こちらこそ、ブログへお邪魔しますね。

投稿: ゆっこ | 2007年11月27日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/5495533

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮兄弟:

» 江國香織【間宮兄弟】 [ぱんどら日記]
映画化されて話題になった作品。主人公は恋愛ベタの兄弟。2人とも30代独身。 映画では、兄の「明信」を佐々木蔵之介が、弟の「徹信(てつのぶ)」をドランクドラゴンの塚地武雅(つかじ・むが)が演じた。このキャスティ... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 11時08分

» 間宮兄弟 [映画や本を淡々と語る]
教師だった松子は、修学旅行の時旅館のお金が盗まれた時、生徒を庇って、うっかり自分がやった罪をかぶってしまう。かくして教師を懲戒解雇され、転落人生へ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 17時20分

» 間宮兄弟 江國香織 [風味絶佳な日々―読書日記―]
 野球のスコアづけが趣味の兄・明信と、失恋すると決まって新幹線を見に行く弟・徹信。2人暮らしの 兄弟はまったくモテないが、思い出話をしたり結構楽しくやっている。ある日、徹信が勤務先の女性を明 信に紹介しようと家でカレーパーティを企画するが・・・・・・・...... [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 23時59分

« ニッポニアニッポン | トップページ | ハミザベス »