« なんといふ空 | トップページ | ニューヨーク地下共和国 »

2007年1月31日 (水)

チグリスとユーフラテス

少女の頃、朝が大嫌いだった。

また一日が始まってしまうのかと、暗い気持ちを抱えて目覚めたものだった。

自分の環境を嘆き、なんとかノルマをこなすように毎日を過ごしていた。

それにも関わらず、私は明るい将来への希望があった。それを馬鹿にしない友人があった。問題を抱えてバラバラではあったけれども、肩を寄せ合う家族も。

ほんの少しの良いことに心を向けて毎日を過ごす、そうやって少しずつ時間が経っていた。

いくつかの素晴らしい出会いがあって、いつのまにか幸せだ、と思える今の自分がいる。

チグリスとユーフラテス  新井素子  集英社  SF

  ★★★★★

地球から移民した人たちが住んでいた惑星ナイン。移住当初は繁栄したものの急速に人口が減少していき、「最後の子供」となったルナは、コールドスリープで眠っていた過去の人々を起こしていく。ルナは、そしてナインに一体意味があったのか、どうなっていくのだろうか。

高校生の頃、夢中になって読破していた新井さんの最近のSFを見つけて、懐かしくて思わず手に取った。主人公の独り言で話が進んでいくという文体と、少女趣味な世界観は全く変わっておらず、半ば驚きながらそれでもすっかり堪能してしまった。難点を言えば、どの年齢層の口調も同じで、90歳の女性まで「なんつー、えーい、もおっ」と話しているのはかなりの抵抗があった。でも自分自身を振り返ってみると、少女の頃から口調は変わっていない気もする、老婆になっても同じ口調というのは・・・正しいのかも?!

チグリスとユーフラテス Book チグリスとユーフラテス

著者:新井 素子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« なんといふ空 | トップページ | ニューヨーク地下共和国 »

SF」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

新井素子とはまた何と懐かしい名前!!
私も昔よく読んだ記憶があります。
同じ頃、栗本薫、小松左京、平井和正なんかも愛読していました。
新井素子の新作なのね?
久しぶりにSFワールドに浸りたい気分になりました。

投稿: ルギア | 2007年2月 1日 (木) 05時30分

文庫本も出ているようなので、少し前の作品かもしれません。私は星新一さんでSFが好きになりました♪

投稿: ゆっこ | 2007年2月 5日 (月) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/5147233

この記事へのトラックバック一覧です: チグリスとユーフラテス:

« なんといふ空 | トップページ | ニューヨーク地下共和国 »