« プラハ旅日記 | トップページ | パンツの面目ふんどしの沽券 »

2006年10月20日 (金)

人生ベストテン

妹は面白いことに出会えるラッキーな人だ。

以前彼女が結構な都会に住んでいた時、「私この前、いたちに会ったわ。」と言う。

「いたちって、あの動物の?」と尋ねると「そうよ。白くて後ろ足で立ってこっちを見てた」

彼女はこういうことでうそはつかない。

彼女が東京の山手線に乗った時、次の駅は目白なのに「次は~高田馬場、次は~高田馬場」と車内放送があったという、車掌さんが間違えて。

「そしたらね、電車が目白を出た後、次も~高田馬場、次も~高田馬場って。」

私は彼女がうらやましい。

人生ベストテン 角田光代 講談社 小説

  ★★★★☆

短編集。どの話も小さな問題を抱えている人たちに起こる出来事が描かれている。

それをきっかけに生き方の方向がくるりと変わり、前向きになっていく。読後がほんわか。表題の短編のこれまでの人生ベストテンを考えていく。。。というのをつい自分もやってみる。ついでにワーストテンもやってみたけど、どっちも結構出てこない。5位くらいまでなら思い浮かぶのに、10位までだと結構悩む。私の人生はものすごおく単純なのか。・・・それとも単に忘れてしまっただけなのかしらん?

人生ベストテン Book 人生ベストテン

著者:角田 光代
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« プラハ旅日記 | トップページ | パンツの面目ふんどしの沽券 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/3897947

この記事へのトラックバック一覧です: 人生ベストテン:

« プラハ旅日記 | トップページ | パンツの面目ふんどしの沽券 »