« ヨーロッパの空 | トップページ | ぶつぞう入門 »

2006年9月28日 (木)

シュガーポット

学生の頃アルバイトしていたファーストフードのお店には、シュガーポットが置いてあった。

15cmほどの高さのガラスのビンで、てっぺんに3cmほどの筒状の注ぎ口がついている。

傾けすぎると一度に大量の砂糖が出てしまい、使い勝手が悪かったせいか今はそのお店でも見かけない。

午後3時、決まって現れる女性がいた。きちんとお化粧をして必ず帽子を被っていた。

コーヒーだけを注文してカウンターに座る。

そしてシュガーポットを両手で抱え、砂糖をコーヒーに注ぐ、神妙な顔をして。

そのお店の決まりで、コーヒーはカップの上から2cmのところまで注ぐことになっていた。

その女性はざぁっと砂糖をそそぐ。ぴったり2cm。

コーヒーが溢れださんとするちょうどその時、ぴったりそそぐのを止める。

そうすると実に満足げな顔をして、丁寧にシュガーポットをもとの位置にもどす、はかったみたいに。

くるくるスプーンを掻き混ぜて、ようやく静かにコーヒーを飲み干すのだ。

その頃私は幼くて、彼女のことを密かに笑ったりしていた。

だけど、今では、彼女が変わらずあんな時間が持てていますようにと願っている。

袋小路の男    絲山秋子 講談社 小説

  ★★★★☆

日向子は高校時代に出会った小田切に10年以上片思いし続けている。友人以上には扱ってもらえない関係がひたすら続く。他の恋人を作ってみても、本当に愛する人は彼だけなのだ。

小説としては面白いが、こういう恋は私には出来ないなぁと思ってしまう。愛する人がいるのに、他の人にぬくもりを求めたり出来ないし、もっと正直に言えば、自分に関心があるかどうかもわからない、見返りの無い相手にそんなに長く尽くせない。女性は男性より俗物的で目に見える愛情を必要とするような気がする。こんな風にいろいろと思い巡らすことが出来るのは、作家の実力のお陰かしらん。

袋小路の男 Book 袋小路の男

著者:絲山 秋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ヨーロッパの空 | トップページ | ぶつぞう入門 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/3616684

この記事へのトラックバック一覧です: シュガーポット:

« ヨーロッパの空 | トップページ | ぶつぞう入門 »