トップページ | 9.11がテーマの小説2つ »

2006年9月12日 (火)

第1回は大好きな川上弘美さん

毎日まいにちホンを読んでその感想をおっとに話していたら、ある日おっとが疲れた顔をして言った。

「・・あのさぁ、ブログを作って感想を書いたらいいんじゃないの?」
・・・・な~んていい考えなんだろう!!

今日は第1回を記念して大好きな川上弘美さん。

卵一個ぶんのお祝い。  川上弘美 平凡社 エッセイ 

★★★★☆

彼女得意のうそ日記。ありそでなさそなクスッというエピソードたち。イラストもいい。
彼女のふわぁ~んとした文体と日常に癒されます。占い師に見てもらったという友人の話と、仁丹中毒のタクシー運転手の話がお気に入り。
ときどき出てくる子どもとのやりとりも心があったまる。ご主人のことは全く書かないようだが、どんな人がこの妻子の夫なのか興味津々。ぜひご主人のことも書いてもらいたいです。

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。 Book 東京日記 卵一個ぶんのお祝い。

著者:門馬 則雄,川上 弘美
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

トップページ | 9.11がテーマの小説2つ »

エッセイ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントコーナーできたねえ。

川上弘美さんの本。読んでみたいな。特に子どもとのやりとりが気になる。

投稿: Misa | 2006年9月13日 (水) 23時44分

Misaさん、コメントありがとう。
ブログを始めたばかりなので、返事が遅くなってごめんなさい。

投稿: ゆっこ | 2006年9月20日 (水) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/3412630

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回は大好きな川上弘美さん:

トップページ | 9.11がテーマの小説2つ »