« 9.11がテーマの小説2つ | トップページ | 家族の物語 »

2006年9月14日 (木)

雨の日は江國香織さん

強い雨が降っている日は、会社に行かなくていいことを本当に嬉しく思う。いつまでも乾かない靴やストッキング、冷えて冷たくなった足先なんかのまま、オフィスで動き回るのは嫌だった。

結婚して、自分の性質で本当に結婚向きだったと思うことは、「一人が大丈夫」ということだ。

私は一人で過ごすことが好きだし、一人で行動することも出来る。勇敢にもラーメン屋にだって一人で行かれる。もちろんおっとは優しくて私は幸せだけれど、結婚生活が円満なのは孤独に強いからだ、とほんとに思う。

今日は好きな作家の江國香織さん

スイートリトルライズ 江國香織 幻冬舎 小説

  ★★★★☆

聡はやさしいが女としての瑠璃子に関心がなく、自分の興味が最優先の生活。瑠璃子は夫を愛しているのに、求めてくれる他の男を好きになる。

愛に満たされているようで忘れられている。全てがあるようで孤独に満ちている。誰かといるようで一人でいる。

江國さんの小説は既婚女性なら共感できるところがあると思う。もちろん現実は小説のようではなく、実際には何も起こらない毎日が続くのだけれど・・・・。

スイートリトルライズ Book スイートリトルライズ

著者:江國 香織
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 9.11がテーマの小説2つ | トップページ | 家族の物語 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
江國香織さん、私も大好きです。
何かを食べたり、飲んだりしているシーンが特に。
とてもきれいな仕草で、大切に食べ物を扱っている雰囲気が伝わって、ほわっとした気持ちになるんです。
結婚生活が円満なのは、孤独に強いから・・・とは、深いですね。
こどもが小さいうちは、家族でいる時間が長かったので孤独が欲しかったけれど、最近は、ぽ~んとひとりにされてしまうことも増えてきて、望まなくても孤独でいられるようになりました。。。嬉しいような。複雑です。


投稿: kiwi | 2006年9月19日 (火) 19時51分

はじめまして、kiwiさん。
もしかしたら、ぽ~んと一人になったとき、寂しさを感じない人が幸せな人のかも。

投稿: ゆっこ | 2006年9月20日 (水) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155447/3438609

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日は江國香織さん:

« 9.11がテーマの小説2つ | トップページ | 家族の物語 »